皇學館大学文学部神道学科 皇學館大学 文学部
皇學館大学ホームページホーム
 メニューブロック
学科主任挨拶
神道学科とは?
教員紹介
ゼミについて
研究室利用案内
神道学会・研究部会
コラム
Q&A
卒業後の進路
リンク集
お問い合わせ
 左 神道養成室バナー

神職養成担当

学科主任挨拶
 
 

神道学科主任

 
   

白山 芳太郎(しらやま よしたろう)

   
   

世界の諸民族が築いた文化を究明するためには、民族がどのような信仰を持っていたかという視点から接近することが、きわめて重要なアプローチとなります。したがって、日本文化がどのような価値を有しているかを知るためには、日本民族の基層信仰、つまり、神道を研究することが重要です。そのような発想から、神道学科には、神道学コースと日本文化コースが置かれています。

 

神道学科コースでは、日本人が築いてきた過去の思想・文化・芸術などの根源にある神道を学び、それをふまえて、人の世のあるべき姿の実現に向けて主体的に取り組みます。その学修のため、各種の神道文献を読み解き、それを基とした理論的思考を構築しながら、伝統的な学問と技能を継承をしていくことをめざします。

 

日本文化コースでは、日本文化を総合的に理解するとともに、高い教養と豊かな人間性を培います。それとともに、国際化が進む現代社会に対応できる能力を身につけることをめざします。

 

両コースとも、神社界に進む人はもとより、日本文化に深い興味を持つ人、歴史や社会を背景とした人間の心理に関心を持つ人、諸外国の文化と日本文化の比較に興味を持つ人の期待に応えられると思っています。

   
         
         
     

 

     

ページトップ

COPYRIGHT:KOGAKKAN UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED. 皇學館大学神道学科研究室
   〒516-8555
   三重県伊勢市神田久志本町1704